ママが生き生き!女性が輝く社会に願うこと

2166220099_543b21caf7_o
内閣が女性の輝く社会を推進していろいろと取り組みがあります。

例えば、2014年の内閣府の男女共同参画局にある中に、女性が輝く社会の実現の為の目標が書かれたものがありますが、実際に女性がその人らしく生き生きとして生活する為にはどうすればいいのでしょうか。

すこし、難しいテーマですが出来る限り分かり易くご紹介していきたいと思います。

一旦仕事を退職して改めて就職するのは難しいのが現実です

 
女性が輝いて生活できる為には普段の生活と仕事のバランスが大切と言われています。

でも、実際には生活と仕事のバランスといっても、一旦仕事を退職して改めて就職するのは難しいのが現実です。

例えば、結婚や出産しても仕事が続けられる環境を整えられれば、出産後も引き続き同じ職場で働き続けられるようになります。

女性の育児の時期については時短勤務や時差出勤などが利用できる企業であれば、制度を利用して、仕事の時間数を一時期は少なくして、一定の時期が過ぎれば再び、戻すなどといったようなものになります。
14156686197_0bdb36cfa8_k
出産しても再び、同じ職場で勤務を検討の方については、子供さんを預ける場所を検討する必要性があります。