米国公認会計士(USCPA)になるにはどうしたらいいの?就職ってどうなの?

9682597859_a6cbe96ed9_k

「外資系企業で働きたい」「コンサルティングファームで働きたい」「海外で働きたい」「会計事務所」など、米国公認会計士(USCPA)の資格を活かしたキャリアアップや、妊娠・出産を経た働き方など注目されている方も多いのではないでしょうか。

長く働ける仕事に就きたいと願う女性が米国公認会計士をめざすケースも多いようです。

今回はそんな憧れの米国公認会計士(USCPA)になるにはどうしたらいいのか、なぜ注目されているのか解説していきます。

広範囲に渡って税とビジネスに関するフォローが出来る資格

米国でしか資格試験がないのに、何故、これ程までに米国公認会計士が注目されているのかと言うと、それは、日本国内でも十分就職に役立つ資格だからです。

監査法人や企業の経理部門に就職が有利になる資格で、実は日本の公認会計士よりも、コンサルティング業務やビジネス関連の仕事が出来る資格と言われています。

理由は、日本とは米国は税務が異なり、ビジネス関連の書類作成や税務関連の業務に関しても行う資格だからです。

つまり、広範囲に渡って税とビジネスに関するフォローが出来る資格取得者だと考えられています。

そこに英語力が加わるので、これからの時代は日本の公認会計士よりも就職する場が増える可能性があります。