なかなか喋らない、赤ちゃんの言葉の悩みを解消する方法

赤ちゃんの言葉が遅い、なかなか言葉が増えないとお悩みのママは多いと思います。発達に問題があるのだろうかと心配になってしまうと思いますが、言葉の出方は個人差が大きいものです。

赤ちゃんの個性を大事にしながら、上手に言葉を引き出すにはどうすればいいのか、その方法についてお話ししますので、ぜひ参考にしてください。

言葉がで始める目安についてもあわせて説明します。あまり不安に思わないで、ゆったりとしたおおらかな気持ちで、赤ちゃんに接するようにしてください。

発達が遅い?言葉が出てくる目安

言葉が出てくるのが遅いからといって、発達が遅いとは限りません。男の子と女の子でも違いますし、家庭環境や兄弟の有無も影響があります。

ですから、同じ年齢のあの子はもうたくさんお話ししているのに、うちの子はまだほとんど話さない…とつい比べがちなのですが、他人と比べることに意味はありません。個人差だと思って、比較しないようにしましょう

言葉が出てくる目安ですが、多くは1歳前後から、喃語(なんご)を話し始めます。まだ何を言っているかよく分からない、言葉とも言えない状態ですが、自分の気持ちを声に出して表現します。

また、難語が出ていなくても、大人の言うことに対して反応しているなら、成長に問題はありません。たとえば、「バイバイ」といったら手を振る、というような反応です。

1歳半くらいになると、単語も増えてきます。

・パパ、ママ
・ブーブー
・わんわん
・にゃんにゃん
など、意味のある言葉が出てくるので、会話をするのも楽しくなる時期です。

一般的に、男の子よりも女の子の方が言語能力の発達が早いため、女の子の方が言葉が早いと言われますが、これも個人差がありますので、あまり厳密に考えないようにしてください

赤ちゃんの言葉を引き出す方法

赤ちゃんにはいつから言葉を教えればいいんだろう?と迷っている人も多いですが、いつからでもいいのです。まだ言葉が出ない新生児の時期から、どんどん話しかけてください