「私の赤ちゃん、アレルギー!」慌てないための3つの方法

6991999104_a462e5d683_k
インターネットの普及で、あらゆる情報が氾濫している昨今。アレルギーに関してもまた然り。

しかしながら、これらの情報が自分の欲している情報に100%適合するのは稀です。

赤ちゃんのアレルギーが疑わしい時は、落ち着いて対策を模索しなければなりません。まずは、3つのポイントを踏まえて心構えを整えましょう。

1:情報に惑わされない

「なんだかお肌がカサカサしている」「おっぱいを飲むと真っ赤になる」こんな症状を目の当たりにすると、「もしかしてアレルギー?アトピー!?」と心配してしまいます。

特に初めての赤ちゃんの場合には、全てにおいて神経質になりがちなママは多いことでしょう。

そこで、スマホの登場。最初に覗いたサイトに「おっぱいを飲んで赤くなったら、ママが朝ごはんに食べた卵に反応しています」なんて書いてあったら、即座に「うちの子は卵アレルギーだわ!」と信じ込んでいませんか?

これは正解の場合もあり、誤りの場合もあるため一概には判断できません。