【赤ちゃんのアトピー】不快な症状を逸早く除去してあげよう!

3395739740_2d0ce4735f_b
赤ちゃんのアトピー症状に程度はありますが、赤くなり如何にも痒そうなお肌は見ているだけでかわいそう。そして、その赤ちゃんのママも治してあげられないもどかしさに心を痛めているに違いありません。

さて、この悩ましいアトピーにどのように対処していくべきか考えてみましょう。

1:ネットワークを駆使

「うちの子がアトピー!?」と驚いてしまうママもいるかもしれません。家族にアレルギー体質の人がいる場合、その体質を受け継いだ赤ちゃんは家族自身の経験値から、アトピーの不快感を上手く解消してもらえることもあるようです。

しかしながら、そのような覚えがないままに我が子が発症している様をみると、慌ててしまい適切な対応が出来るとは限りません。

そんな時には、先輩ママや地域の子育てサポートの担当者に相談するのが一番です。その地域でアトピー治療を得意とする皮膚科や小児科について知識を持っている人、評判を聞いたことのある人に生きた情報を提供してもらいましょう。

病院も新しければ良いわけではなく、ママの気持ちに寄り添ってくれない医師のアドバイスは聞き入れる気にはなれないものです。