いじめと無縁な子供になるためにの対等な人間関係の構築

2307069706_3d83c11b29_o
子供は理不尽に比べられ、評価されることを本能的に嫌がります。また、比較されたことにより八つ当たりが恒例化し、いじめに発展することも。

いじめは社会問題としてマスコミにも常時取り上げられていますが、我が子が拘わるなんて有り得ないと言い切れますか?

比較対象は無用

2492945625_7ac8126b4d_o
「もう年長さんなんだから、年少さんより早くお着替え出来なかったらおかしいでしょ?」

「○○ちゃんだってお箸を上手に使えるんだから、早く覚えないと恥ずかしいよ」

こんな何気ない注意を与えたことはありませんか?

身近なお手本を示して成長を促しているつもりでも、このような言葉には反発を覚え、素直には従えないものです。

では、どのような話し方ならば耳を傾けるのでしょうか。

「さあ、これから○○クンは仮面ライダーみたいに変身しま~す!」と、着替えを仮面ライダーの変身の如く表現してやらせてみましょう。

ノリノリでスピードアップ間違いなしです。