想像してみてください。赤ちゃんのアレルギー検査や費用

一番怖いのはアナフィラキシーショック

ママがアレルギーを心配しているのは、アトピーなどの皮膚症状の他、重篤な症状として、全身に蕁麻疹が出来て、ショック症状を起し、血圧低下・心肺停止に至ってしまうことです。この場合、すぐに病院に行くことが必要となります。

残念なことにアレルギーが分かっていても、給食にチーズが入っていて、うっかり食べてしまい、死亡してしまった事故がありましたので、いろいろと注意が必要となります。

アレルギー検査ってどんな検査?

アレルギー検査は主に小児科で行われることになります。

小児科でアトピー専門のドクターが看板をあげているところもあります。

多くのことろがすごく混んでいますので電話なので予約することをオススメします。

検査方法は血液検査となりますので、どうしても血液を採取することが必要となります。

針を刺されるのでギャン泣きするかも知れません。嫌がる場合は3人掛かり(看護師さん受付の女性とママ)で押さえつけたりします。

アレルギーの原因を知ることができます

検査項目はドクターが設定しますが、この血液検査で、ハウスダストや食物アレルギーの原因となる食品別まで知ることができます。