【雛祭りの風習】「昔」と「今」で、どのように違うのか

おひな様=身代わりとい うことから、その人の厄を受けてくれるもののため、その子1人につき1つということだそうです。

そのため、姉妹がいるご家庭ではそれぞれに用意するものと されますが、財政的にも日本の住宅事情的にも厳しいものがあります。

そんなご家庭ではおひな様は1つ、身代わりとなる別のものをそれぞれに用意するという形が取られているところもあります。

親子の絆を深め、楽しい思い出を作る

5426037825_5d55fd73e1_o
やり方や時期が違っても、子どもの成長を願うという点では同じひな祭りの風習。

現在はただ家に飾って御馳走を食べるだけでなく、町全体でおひな様を飾って観 光名所にしてしまったり、おひな様のイベントを行ったりと様々なおひな様の今の風習となっています。

大切なことは、形はどうであれ大事な人とひな祭りを通して絆を深め、楽しい思い出を作ることが出来るということが一番なのかも知れません。

photo by jmettraux
photo by TANAKA Juuyoh

参考URL
http://trendripple.jp/7513.html
http://www.honjinhiranoya.com/hina_festival/
http://www.koboku.co.jp/hina/hina-yurai.htm