一流のグローバル人材に子供を育てたいなら「自己肯定感」が高いことが欠かせない

11016860054_defa45a4b9_k

2014年版「子ども・若者白書」では、日本を含めた 7カ国(韓国、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデン)の満 13~29歳の若者を対象とした意識調査の結果が示されています。

日本の若者は自己肯定感が低い

スクリーンショット 2014-07-22 11.54.09

日本の若者は他国の若者に比べて、自分に対する満足度が著しく低い結果が示され、自分の将来に明るい希望を持てないでいることが報告されています。

「自分自身に満足している」の設問に対し、アメリカ86.0%、イギリス83.1%、フランス82.7%、ドイツ80.9%、スウェーデン74.4%、韓国71.5%でした。

一方で、日本は45.8%と半数未満です。

また「自分には長所がある」の設問に対し、アメリカ93.1%、ドイツ92.3%、フランス91.4%、イギリス89.6%、韓国75.0%、スウェーデン73.5%でした。