フランス流 自尊心の成長を高める子育て術

2352128932_270dccd13f_o
花の都パリに住む男性の多くは、身長があまり高くありません。

実は、高身長な人達の多くは北部出身で、生粋のパリっ子だというのは稀です。でも身長が低いことなど、彼らにしてみれば個性のひとつでしかありません。

自信に満ち溢れた自尊心の高い子供は、後に社会に出てからの勝負強さが一際目立ちます。

そこで、フランスの流儀を例にしながら、子供の自尊心を養う為にママ達が注意すべき点を考えてみましょう。

1:見守る事が素直な心を育む

例えば、力の強い3歳のお兄ちゃんが1歳の弟のおもちゃを取り上げたとします。こんな時、お兄ちゃんに対しての「ダメでしょ!」が開口一番に出てしまいますよね。

フランス人ママの場合、まずは様子を見ます。弟が悔しがって泣き出すのか、お兄ちゃんがいけないことをしたとママの顔色を伺うのか。もし弟が泣いたのならば、なぜ泣いているのかを問います。

それは、1歳の赤ちゃんでも意思表示はあって然るべきと考えているからなのです。