登園にも悩む「手足口病」、対処法とホームケア。

027364

手のひら、足のうら、口のなかに小さな水ぶくれができる病気です。

おしりやひざにできることもあります。

乳幼児のあいだで流行することも多く、以前にかかったことのある子でもうつる場合があります。

感染経路は咳やくしゃみによる飛沫感染、便から排泄されたウイルスが手を介して口に入る経口感染でうつります。

熱はたいてい出ませんが、ときに高熱が出ることがあります。

手足の水ぶくれは痛がりませんが、口の中が痛くて食べられなくなることがあります。