赤ちゃんの石鹸には界面活性剤が入っていないものを選ぶわけ

ミヨシの洗剤だと普通の洗剤のようには落ちませんので、どうしても使う量が増えてしまいます。

しかし、界面活性剤は汚れとともに、肌の表面にある油分などの必要な成分までも取ってしまうので手が荒れるのです。だから普通の洗剤を使う場合は、ゴム手袋を使うべきです。

よく汚れが落ちるけど・・・

界面活性剤を使うとすごく汚れが落ちます。しかし、その分、人間の肌には刺激が強過ぎることや、すすぎが不十分だと体内に吸収されてしまうことが心配と言われています。

そのせいで赤ちゃんには極力使いたくないと思います。これらが心配な人は、石けん成分が主成分の洗剤や石鹸が使うべきです。

また、原材料が石油系ではなく、アミノ酸系のマイルドな界面活性剤もあります。シャンプーだとアミノ酸系シャンプーと呼ばれているものです。こちらは低刺激となっています。

安心して使えるアイテム

汚れを落とすのに、重曹やクエン酸があります。こちらは食品としても使われていますので、安心して使えます。

食器を洗う場合は、新聞紙や要らなくなった服の切れ端であらかじめ食器についた汚れを落としておくといいです。