【清水寺周辺の桜景色】失敗しない撮影スポットまとめ

13748914144_80ea5b9bfb_k
京の桜の美しさは他に喩えようもなく、時に優しく、そして凛々しい姿で私たちを楽しませてくれます。

今年も間もなく、その季節が到来。そこで、持参したデジカメやスマホで桜の姿を撮るに相応しいスポットをご紹介します。

1:仁王門

仁王門近くに植えられた紅枝垂れ桜は一見の価値あり。桜を手前に、仁王門を背景とした構図がおすすめ。

少々遅咲きの桜なので、他の桜とタイミングを合わせて観賞するのは少々難あり。

2:三重の塔

仁王門から少し進むと八重桜があります。

この八重桜を手前に、三重の塔の撮影をする時にはお子さんに手を借りましょう。

上級テクニックを要しますが、お子さんの手のひらに三重の塔が載るように撮るとユニークな写真になります。

チームワークの良さで撮影が可能になる、究極の一枚となるでしょう。三重の塔前まで行くと、ソメイヨシノが咲いています。

3:春日社

国の重要文化財に指定されている春日社の静かな佇まいも趣を感じます。

正面からではなく、少し斜めからのアングルがおすすめ。桜を入れるには距離を計って撮影をする必要がありますが、社の前で戯れる自然なお子さんの姿を入れるとgood!地面に絵を描かせたり、2人以上いる場合は鬼ごっこをさせたりしてみましょう。

動いている被写体の撮影に限界を感じたら、ピースサインの満面の笑みを添えれば言うことなし。