問われる薬剤師の役割 医薬分業は誰のためか。

10556967234_333233d79b_o

医薬分業では、特定の病院からの処方箋を集中的に受ける薬局と、地域の不特定多数の病院からの処方箋を受ける薬局があります。

医薬分業の意義

医薬分業とは、医薬分業医院や病院が自院で薬を出さずに処方箋を発行し、患者さんは保健薬局で、処方箋と引き替えに医師の処方した薬を買うシステムです。

その意義は、患者さんの診断と治療は医師が行い、医師の処方箋に基づく調剤と薬剤管理・服薬指導は薬剤師が行うことによって、医師と薬剤師がそれぞれの分野で職能を発揮し、業務を分担、協調することによって、医療の質的向上を図ろうとするものです。

その時、調剤薬局の形態がどうなっているかでマンツーマン方式と面分業に分類することができます。

医薬分業のメリット

2859905580_4b39d1a6fe_o

①処方内容が公開されることにより、納得して服用することができる。また、副作用を起こした薬を控えておくことにより、同種動向薬での副作用を未然に防ぐことがきる。

②都合のよい信頼できる薬局を自由に選択できる。

③十分な薬の説明や服薬指導が受けられ、納得して服用することができる。