赤ちゃんのうつぶせ寝を検証しよう!異論反論あれこれ

10701897635_13eb065fd9_k
「乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因は、うつぶせ寝」「寝返りを覚えたら、うつぶせ寝は推奨されるべき」赤ちゃんのうつぶせ寝については様々な意見があり、どの意見を正解としていいのか困惑してしまいます。

そこで、主な言い分を掘り下げて検証してみましょう。

1:SIDSは仰向けで防げるのか

様々な見地から言えることは、SIDSの直接原因は不明であるということです。

小さな遺体を傷つけることを望まない遺族が殆どであるため、解剖例が極端に少ないのです。

故に、未だに死因特定に至らず、実態を把握しきれていません。

現在は、「SIDSは生後4~6ヶ月の赤ちゃんに発生が多く見られ、主に睡眠中に発症する病気」であると定義。育児の怠慢や故意の事故とは明らかに異なるのです。