【妊活】知っておきたい! 家計への負担を軽減してくれる不妊治療の助成金

保険が効かず費用が2万円前後かかる人工授精。残念ながら、こちらは助成金対象外です。

人工授精で妊娠できなかった場合、次のステップとして体外受精と顕微授精があるわけですが、こちらは助成金の対象となります。

1回につき約15万円の助成金

体外受精1回につきかかる費用はおおよそ33万円、顕微授精では1回につきおおよそ38万円がかかります。

人工授精のおよそ15~20倍の金額。気になる助成金のお値段ですが、どちらとも1回につき多くて15万円でます。

助成金も治療内容によって、グレードがあり、医師がそれを判定して、証明する書類を作成します。この証明書作成代金は3000円~50000円くらいであることが多いようです。

助成金を受けるには条件も

助成金を受けるには以下のような条件があります。