エシカル食育。地球にやさしいフードスタイル

4560986899_6e63d34ed0_b

中国産の野菜から農薬が検出されたり、冷凍食品に毒が混じっていたり、賞味期限が切れた肉を大手ファストフードで使われていて、問題となったり、なにかと食をめぐる問題が多く起きています。

消費者側も「安いからいい!」という時代ではなくなってきました。

いかに安心で安全な食材を手に入れるかも、よく考えなくてはなりません。

なんで中国産でいろいろ問題が起こっているの?

中国産は安いから、多く輸入されています。

しかし、年々、人件費はそれなりに上がってきているので、中国産もそのまま低価格という訳にはいきません。

中国の農村部は、相変わらず貧しいのです。

そんな中、無理やり利益を出そうすると、農薬や添加物、賞味期限切れなどの問題が起こってくるのです。

確かに良くないことをしていますが、中国を責めるのではなく、この問題に輸入国側も気づいて対処しなくてはなりません。

みんなで気づいて変えて行こう

中国だけではなく、東南アジアでも日本へのエビの養殖で、かなり環境が破壊されてしまいました。

このような安く輸入することについて、その消費スタイルを地球全体で変えて行かなくてはならなくなったのです。