しっかり汗をかかなくても運動できる方法

家事のシェアが有効

2308369517_094b3d1ce6_o
photo by Gabriel Jorby

運動不足の原因は、座っている時間が長いことにあります。

家では洗い物や食事の支度、洗濯、掃除と体力を使う家事や育児、介護等の無償労働が生活を維持するために発生します。

家事や育児といった無償労働を夫婦でシェアすることにより、負担もフェアになり、運動効果も得られ体重減少につながります。

まずは、こまごまと動く習慣を作ることです。

“強度”に意識した生活活動を!

日常生活において、汗をかくような運動を設けるのは難しいものです。