寝ても寝ても疲れが取れない人の4つの原因と解消法

shutterstock_277320227 (1)

眠っているのに疲れが取れないと、何をする気にもなれないし、イライラして周りにひどく当たってしまい、余計に自己嫌悪に陥ってつらくなります。

そうなると、毎日が楽しく思えないことでしょう。

どうしたらいいのか…と悩んでしまします。

今回は、眠っても眠っても、疲れが取れない原因と解決方法をご紹介します。

疲れに大きく影響している自律神経

shutterstock_315368747

疲れに大きく影響しているのは、自律神経です。

自律神経とは、人間の活動と休息に合わせて、体の各組織を無意識のうちに調整している神経のことです。

交感神経と副交感神経を併せて自律神経といいます。

<交感神経>

主に昼間に働き、「元気はつらつ」「やる気満々」の状態を作り出す神経。

<副交感神経>

主に夕方から夜にかけて働き、「ゆったり気分」「のびのびリラックス」の状態を作り出す神経です。