予期せぬことに対して、どのように心を保つのか

予期せぬことに対して、あたふたしてはいけないと思いつつも、いざそのようなことが起こると、気持ちに動揺が生じてしまうものです。

それは自分の未熟さでもあります。

心の持ちようを平穏にし決断と前進していかなければいけません。

古典に学ぶ「呻吟語 応務編」より

『天下の禍は、多くは隠れて成りて卒に至り、
或は偶ま激して遂に成る。