シニア&ジュニア世代で子育て×街づくり! ーすみだkomachi 荘司美幸 ー

墨田区は江戸からの歴史・文化に培われた下町情緒が薫る街。この街に東京スカイツリーも加わり国際観光の街として活気ずいている。この街で子育て環境について、支え合いのまちづくりに取り組んでいる団体がある。現在進行中の子育て世代のマッチングとは、どのようなものなか。団体が誕生した経緯も含めて、すみだkomachi 代表 荘司美幸さんにお話を伺った。

以下:荘司美幸さんインタビュー

2010年に墨田区の事業で、子育てまちづくりサポーター養成講座がありました。「子育てとまちづくり」というので面白そうだと思い受講しました。

全8回の講義でしたが、一つひとつ講座を選び受講できるタイプでした。でも、サポーター養成講座としては、選択式にするのはどうかなと…。

その中で積極的に質問を投げかけている女性がいて仲良くなりました。彼女も一緒に受講した人も同様に思っていることが分かりました。

子育てまちづくりサポーター養成講座に参画

サポーター養成講座を委託されているNPO法人の方と息も合い、次回の子育てまちづくりサポーター養成講座を一緒にやることになりました。

そのほか数名とチームを作り分科会のようにして、企画と運営に関わらせていただきました。

全8回を通して、受講生に自分に出来ることを見つけるというレベルまで引き上げたいと思い、ストーリー性のある講座に作り変えました。

最後の日に事業報告としてシンポジウムがあります。同じ志のある人に繋がってほしいと思い、区の人にも相談しチラシを作りもう一度集まる機会を作りました。

ただのお茶会、されどお茶会!?

10378947_679878042093323_2435453307411142574_n

何名か興味を持ってくれた人がいました。震災があったときで、地域の子どもを持つ保護者がナーバスになっていたため、地元で何ができるだろうか考える会にしました。

とりあえず集まることから始め、月に一回ずつ定期的に集まることにしました。

地域の子どもを持つ保護者のために、まずはお茶会をしようということになりました。

お茶会聞くと、ただお茶を飲むだけのように思われますが、お茶があり、人が集まり、保育園絡みでもなく、マンション絡みでもなく、関係ない人が集まりお茶を飲む。そうすると、結構いい話が出来るようになります。

子育て支援センターをもっと身近に

10561741_679878545426606_8650403738626199905_n

墨田区は子育て支援団体がほぼ無い状態です。