贅沢なコーヒー!?サードウェーブコーヒーとは

7309935684_08790796ff_k
コーヒーチェーンによるコーヒーや、家庭でいれるドリップコーヒー、高品質の缶コーヒー、コンビニのコーヒーなど、日本ではコーヒーはとても身近な飲み物であり、一大産業となっています。

そんな中、サードウェーブコーヒーというものが登場してきています。

サードウェーブコーヒーとはアメリカのコーヒー文化の第3の波のこと。第3の…というからには第1、第2の波もありました。

ファーストウェーブコーヒー

ファーストウェーブとは第2次世界大戦後~1970年代くらいのことを言います。

アメリカで大量生産が可能になったコーヒーが、職場や家庭など大量に消費されるようになりました。

真空パックの登場により焙煎コーヒーの遠距離流通が可能になり、大量生産、大量消費に対応できるようになりました。

しかし、それは浅煎りのいわゆる「アメリカンコーヒー」だったため、味はよくなかったと言われています。