出産・育児・子育てに活用できる「公的給付金」って?

shutterstock_307176164.jpg.crdownload

「公的給付金」は、条件が満たす人であれば、国からお金が貰えたり、お金が戻ったりするサービスです。

しかし、せっかく条件を満たしていても、申請をしなければ、貰うことができないものもあります。

プレママ、ママ世代を助けてくれる公的給付金を主に紹介します。

しっかり把握して節約に結びつけましょう。

公的給付金の種類

shutterstock_248573227

1. 出産一時金制度

健康保険、国民健康保険などの被保険者またはその被扶養者が妊娠4ヶ月以上で出産をしたときに、子供一人につき42万円給付されます。

もし、双子なら84万円になります。2009年10月より、病院へ直接給付される制度になっているため、病院での確認が必要です。

2. 育児給付金制度

一般被保険者の方がが乳児を1歳(保育所などが定員で入所できない場合は1歳半まで)まで養育するために育児休暇を取得した場合、受給できます。