妊婦さん必見! 意外と知られていない傷病手当金「妊娠悪阻」

「つわり」と「妊娠悪阻」は明確に区別されていませんが、つわりは生理的な現象とされ、妊娠悪阻は治療や入院が必要な状態とされます。治療や入院が必要になる割合は全妊婦さんの1%程度であると報告されています。

妊娠悪阻の具体的な症状って?

第1期(嘔吐期)
常に吐き気、嘔吐がある。胃液や血が混じった物を吐く。食べ物を受け付けず体重が減り始める。脱水症状を起こし口の渇き、だるさ、めまい、便秘などが起こりやすくなる。

第2期(吐が続き、代謝異常による全身症状が現れる時期)
第1期の症状がさらに悪化します。代謝異常による中毒症状が起こり、入院が必要になることがあります。

第3期(脳神経障害が現れる時期)
脳神経症状があらわれ頭痛や幻覚、幻聴、記憶喪失やこん睡状態になり、母体だけでなく赤ちゃんも危険な状態になってしまいます。脳神経症状があらわれ、母体保護のため妊娠中絶手術を行う場合もあります。

妊娠悪阻は3期に分類されています。少しでも症状があれば医療機関を受診しましょう。

傷病手当金の申請方法と注意点

shutterstock_328570778

傷病手当金は、勤務先の健康保険に加入している方が対象で、国民保険加入の方は対象外です。申請方法と注意点をまとめました。

申請方法

休業から4日目以降、2年以内に必要書類を勤務先または健康保険組合などに提出します。