妊婦さん必見! 意外と知られていない傷病手当金「妊娠悪阻」

<必要書類>
・傷病手当金支給申請書
・出勤簿の写し
・賃金台帳の写し

申請時の注意点

1. 出産手当金と傷病手当金
産休中は出産手当金が優先になります。つまり、傷病手当金は重ねてもらうことはできません。
産休中に入院した場合には傷病手当金の対象には該当せず、仮に傷病手当金を受取った場合には、出産手当金が減額される調整がなされます。

2. 日付に注意
手当は、業務外の事由による病気やケガの療養のため仕事を休んだ日から連続して3日間(待期)の後、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給されます。

待期には、有給休暇、土日・祝日等の公休日も含まれるため、給与の支払いがあったかどうかは関係なく、就労時間中に業務外の事由で発生した病気やケガについて仕事に就くことができない状態となった場合には、その日を待期の初日として起算されます。

傷病手当金の支給は休職して4日目以降からが対象となりますので、休業初日の日付を医師に記入してもらわなければいけません。

参照元/出典:協会けんぽにんしん, 丸尾 猛「妊娠悪阻にまつわる諸問題」