妊娠中の運動不足をなんとかしたい!3つの対策

妊娠中はつわりで体調が悪かったり、お腹が大きくなってきて体が重く動けないなど、何かと運動不足になりがちです。動けないことでストレスも溜まります。

しかし、過度な体重増加を防ぐためには運動が欠かせません。

体に負担をかけることなく、安全に運動をするにはどうすればいいか、妊娠の経過とともにやるべきことについてまとめました。安産のためにも、体調が良ければ是非運動をしてくださいね。

【妊娠初期は無理しない!】

妊娠初期は、ママにとっても赤ちゃんにとっても非常に大事な時期なので、決して無理をしないようにしてください。

まだ体重もそれほど増えていないはずですし、「運動しなくちゃ!」と意気込む必要はありません。つわりで辛い、だるいという時には、とにかく休みましょう。

もし体調が良ければ、ウォーキングをするなどして体を動かします。外を散歩することで気分転換にもなりますよ。

まだお腹が大きくなっていないからといって、激しい運動は禁物です。妊娠初期はまだ流産の危険もある時期なので、お腹に力を入れるような運動はしないでください。

【安定期に入ったら運動しよう】

妊娠中期になり、安定期に入ると、体調も良くなって運動しやすくなるでしょう。ただし安定期に入ったから解いて、激しい運動はやはり避けてください。

妊娠後期に入ると、「水を飲んでも太る」と言われるくらい、体重が増えやすくなりますので、この時期にいかに体重を増やさないかということが非常に大切です。

運動としては、
・ウォーキング
・マタニティヨガ
・スイミング
などがいいでしょう。

プールは泳がなくても、水中をゆっくりと歩くだけでも十分運動になります。腰や足にも負担がかかりにくいので、体重増加が気になる妊婦さんにおすすめです。

【妊娠後期はお腹の張りと相談して】

妊娠後期になると、体がかなり重くなってきますので、歩くのも大変!と感じる人もいるでしょう。ですが、体調が良ければ、ウォーキングなどの運動は是非続けてください。

マタニティヨガは、固くなりがちな筋肉をほぐして、心身ともにリラックスできますので、安産にもつながるでしょう。近くに教室があれば通ってもいいですし、DVDなどを見ながら、自宅で自分のペースでやってもいいですね。

ただし、妊娠後期はお腹の張りも出てくる時期です。もし、お腹の張りの回数が多いなどいつもと違うことを感じたら、すぐに運動を中止して休んでください。

【まとめ】

体調不良や体重の増加で、妊娠中は普段よりも運動不足になりがちです。でも、体調がいい時には、少しずつでいいので、体を動かしてください。適度な運動は、筋肉をほぐし、血行も良くなるので、安産につながります。

もしわからないこと、不安に思うことがあれば主治医に相談しながら運動をするといいでしょう。