【流産予防】妊娠初期における流産の兆候と対策方法

shutterstock_103881239

「妊娠した!」と喜びもつかの間、出血があったりお腹が痛くなったりすると、流産してしまうのではないかと心配になることがあると思います。
今回は妊娠初期(妊娠4週から15週の間)に注意したい流産の兆候とその対策についてご説明します。

知っておきたい「化学的流産」

受精卵に異常があったり、着床してもうまく状態を継続できなかったりして、初期流産する場合があります。