妊娠中に感じる3つの不安への対処法

妊娠すると、体の変化だけでなく心の変化を感じる妊婦さんも多いものです。

なんとなく不安を感じたり、気持ちが落ち込んでしまったり。楽しいと思っていたはずの妊婦生活がこんなに辛いなんてと、出産に向けて気持ちが後ろ向きになってしまうこともあります。

でも、そんなふうに思うのはあなただけではありませんので、安心してください。お腹の中に大切な命を宿しているのですから、いろいろな不安がわいてきて当然です。

その不安は、具体的に考えるようにすると、解決法が見つかるかもしれませんよ。

妊娠中は誰でも不安になるもの

妊娠中に不安な気持ちが大きくなるのは、ホルモンバランスの変化によるものです。

この急激な変化は、男性なら気が狂うといわれるほどの大きな変化ですから、気持ちが不安定になるのは当然のこと。なんの心配もいりません。

つわりで苦しいし、ご飯は食べられないし、お腹が大きくなってくれば体は重いし腰も痛い。楽しいことばかりではありませんよね。

しかも、思うように動けなくなり、妊娠前はできたことができなくなるというストレスもあります。

不安になったら、「いつもと体が違うのだから仕方ない」と思うようにしてみてください。不安を感じるのは悪いことではないので、気分転換できるようなことを考えましょう。

1.出産への不安

陣痛って、どうやってくるんだろう?どのくらい痛いんだろう?と不安になりますよね。経験がないのですから、当然です。うまくできるだろうかという不安もあると思います。

しかし、考えてもわかるものではないので、あまり不安にならないようにしましょう。陣痛から出産までの流れを知っておけば、少し不安が和らぐと思います。