妊娠中の体重増加を防ぎたい!5つの対処法

妊娠中に気をつけたいのが、体重の増加です。特に、妊娠後期になると、「水を飲んでも太る」と言われるほど太りやすくなりますので、体重管理をしっかりしていきたいところです。

まずは正しい体重増加の目安を知り、もし増加のペースが早すぎるなと感じたら、食事などでコントロールしていきましょう。

体重の正しい目安を知ろう

妊娠前の体型によって、体重増加の目安が違ってきます。

まず、BMIを計算します。以下の計算式で算出します。
・体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

160cm、52kgの人なら、このようになります。
52(kg)÷1.6(m)÷1.6(m)=20.3

BMI   増加の目安
18.5未満(痩せ気味)  9〜12kg
18.5〜25.0(普通)   7〜12kg
25.0以上(太り気味)  5kg

たとえば、つわりで体重が減ってしまった人もいると思いますが、その減ったところからの体重増加ではなく、妊娠前の通常の体重から考えてください。

妊娠中は、どのような人でも体重が増えます。
・赤ちゃん:3kg
・羊水:800g
・胎盤:700g
・血液の増加:1.5kg
・その他脂肪など:2kg程度

つまり、何もしなくても8kg程度は増えるので、体重が増えること自体を不安に思わないようにしてください。

気をつけるのは、体重の増えすぎです。1週間に2kg以上太らないようにしましょう。

妊娠中に体重を増やさない食べ方や調理の工夫

妊娠中は運動で体重を減らすことは難しいですし、食べないダイエットは危険なので、日々の食事を工夫します。

ただし、摂取エネルギーは、普段と比べてこのくらい増やしてもOKです。
・初期:50kcal
・中期:250kcal
・後期:450kcal

ご飯茶碗1杯分がおよそ250kcalです。ただし、ご飯を1杯増やすよりも、野菜や肉類などを増やした方が太りにくいです。