妊娠中の辛い便秘!原因と5つの解消法

妊娠中に増える悩みの一つに、便秘があります。妊娠するまで便秘なんて経験したことなかった、という人でも便秘になるから不思議です。

辛い時には市販の便秘薬を飲んでもいいのか、迷うと思いますが、安易に市販薬を飲むのは避けたいところ。

だからといって放置するわけにもいきません。そこで、妊娠中にはなぜ便秘が増えるのか、その原因と対処法についてお話しします。

今辛い思いをされている方は、ぜひ参考にしてください。

どうして妊娠すると便秘がひどくなるの?

妊娠中の便秘は、妊婦さんならではの理由があるのです。

ホルモンバランスの変化

一番の大きな理由は、ホルモンバランスの変化です。妊娠すると黄体ホルモンの分泌量が増えますが、このホルモンの働きによって腸の動きが悪くなります。

これまでも、生理前になると便秘気味になることはありませんでしたか?それも黄体ホルモンが原因ですが、妊娠中はその状態がずっと続いているようなものです。

食べる量が減ったこと

つわりがひどかった人は、満足に食事も取れなかったでしょう。それも便秘の原因になります。

食事量が少ないと便の量も減ってしまうため、便意を感じにくいのです。

大きくなった子宮が腸を圧迫

妊娠後期になるほど子宮が大きくなり、腸を圧迫してしまうため、便秘になりやすくなります。

初期には便秘にならなかった人でも、後期になって悩むママも多いです。

腹筋が弱くなっている

妊娠すると、お腹に力を入れなくなりますよね。運動不足になりがちですし、どうしても腹筋が弱ってしまいます。