栄養バランスの良い食事って?妊娠中に食べるべきもの、食べてはいけないもの

赤ちゃんのために、栄養バランスの良い食事を心がけるべきことはわかっていても、具体的に何を食べたらいいんだろう?と迷っていませんか?

つわりで食べられない時もありますし、何をどのくらい食べればいいのかわかりにくいですよね。

妊娠中の食べ物の悩みを解消できるよう、栄養バランスの良い食事とはなにか、妊娠中に避けるべき食べ物などについてお話しします。

つわりで食べられない!栄養は足りてるか心配

つわりがひどい人は、食べ物どころか水さえ受け付けない時もあり、このような状態でお腹の赤ちゃんに悪影響がないかと心配になると思います。

つわりのピークは8〜10週頃ですが、安定期に入る頃には落ち着いてくることが多いので、そんなに不安に思わなくて大丈夫ですよ。

妊娠初期は神経質にならなくても大丈夫!

どうしても食べられない時に、無理に食べなくて大丈夫です。赤ちゃんが本格的に成長してくるのはこれからなので、つわりで食べられないからといって悪影響はありません。

無理して食べて具合が悪くなる方がずっと良くないことです。今は、つわりをやり過ごすことを考えましょう。

つわりの時期は、ご飯など温かいものが食べられなくなる人が多いですが、果物だけは大丈夫とか、冷めたカレーライスなら食べられるなど、特定の食べ物だけが食べられるケースもあります。

自分が無理なく食べられるものがあれば、食べられる分だけ食べましょう

冷たいものや喉ごしの良いものは食べやすいので、試してみてください。

・ゼリー
・プリン
・梨や桃など水分の多い果物
・ヨーグルト
・炭酸飲料
など。

固形物が食べられない場合でも、水分補給だけは心がけてください

生姜やバナナを試してみて!

ビタミンB6をとると、つわりが軽減される可能性があるいわれており、欧米では積極的に活用されているのだとか。