出産スタイルも多様化しています。自分らしい出産とは?

shutterstock_208891762

もうすぐ赤ちゃんに会える! という嬉しい気持ちとともに待ち受ける「出産」という大イベント。

筆者自身、出産の経験がありますが、やはりそれなりに「産みの苦しさ」はありました。

赤ちゃんに「痛くしないでね」と頼んだら、本当に痛くなかったという方もいるそうですが、無痛分娩や和痛分娩で、痛みを和らげるという選択肢をとることも選択肢のひとつ。

出産スタイルについてまとめてみました。

出産する場所は「どう産みたいか」で選ぼう

shutterstock_194555897

出産の場として多くの人が選ぶのが病院ですが、選択肢はその他助産院や自宅などを考えることができます。