なぜ、赤ちゃんは泣くの?

shutterstock_340818158

素朴な疑問として、「赤ちゃんはなぜ泣くのかな?」と思ったことありませんか?

乳児は生後2~3カ月以内に、自分を守ってくれる人を、他の人と区別し始めると言われています。

ママに抱いてもらうことや、声をかけてもらうことで安心感を得ています。

すると乳児はママに対して声をあげたり、微笑んだり安らぎを得やすいなど様々は反応で表現してくれます。

さらに、生後6~7ヶ月になると子供がママに強い愛着をしめす時期だと言われています。

愛情や関心を持ってもらうため

子供はママ・パパに愛情や関心をもってもらうために、時にはうるさいと思えるくらい泣くことがあります。

もちろん泣く声の大きさいも、一人ひとり異なります。

初めての子供の場合は、声の大きさにびっくりしてしまるママ・パパも少なくありません。

赤ちゃんが泣くのは自分を世話をしてほしいと信号を送っているのです。