【安産祈願 山口県6選】岩淵山観音寺 及び有名神社や寺から厳選

shutterstock_66965578

山口県の安産祈願の神社を厳選しました。
写真をクリックすると神社のホームページにリンクしています。

白崎八幡宮:山口県岩国市

スクリーンショット 2014-08-19 17.05.44

由来

「白崎八幡宮(しらさきはちまんぐう)」は山口県岩国市にあり、750年以上の歴史を持つ神社です。

鎌倉中期(1250年)に、領主であった清縄左衛門尉良兼が遠石八幡宮の御神霊を、氏族の繁栄と領内安民守護の神として今津琵琶首に創建奉斎したのが始まりです。

南北朝時代の1348年には弘中堂内源兼胤を願主として現在地の白崎山に壮麗な社殿を造営して奉遷し、この地の産土神と仰ぎ、領民と共に深く尊崇したとされています。

その後、戦国時代(1496年)には兵火によって本殿が炎焼してしまいましたが、1498~1503年にかけて修築や再建がなされました。

以降、弘中三河守隆兼に至るまで、代々弘中氏が大宮司を奉仕し、その後今地良房が宮司を継承してからは今日まで今地家が代々奉仕しています。

現在も地元を中心に多くの方から崇拝されており、多くの方が訪れます。

初穂料: 5,000円
住所: 山口県岩国市今津6-12-23
電話: 0827-29-1122

防府天満宮:山口県防府市

スクリーンショット 2014-08-19 17.56.14

由来

「防府天満宮(ほうふてんまんぐう)」は山口県防府市にある神社で、菅原道真を学問の神として祀った天満宮として、京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮と並んで、日本三大天神の1つと言われています。

道真が亡くなった翌年である904年に創建され、「日本最初に創建された天神様」を名乗っています。かつては「松崎天満宮」・「宮市天満宮」あるいは単に「天満宮」と称していましたが、1873年に近代社格制度のもとで県社に列格し、松崎神社と改称した後、戦後にに防府天満宮と改称されました。

防府市は、この天満宮を中心に栄えてきた街であり、年間を通して行事が行われています。一年を通して全国から多くの参拝客が訪れ、特に学問の神様として親しまれています。