【安産祈願 沖縄県3選】内地ほどの風習がない沖縄の神社

shutterstock_309283601

沖縄県の安産祈願の神社を厳選しました。
写真をクリックすると神社のホームページにリンクしています。

沖縄県護国神社:那覇市

スクリーンショット 2014-09-30 20.47.23

由来

「沖縄県護国(おきなわけんごこく)神社」は沖縄県那覇市の奥武山公園内にある護国神社。

沖縄県関係の護国の英霊だけでなく、第二次世界大戦の沖縄戦に殉じた本土出身者や犠牲となった一般市民も祭神として祀っており、2005年現在の祭神の数は17万8689柱です。

1936年、日清・日露戦争以降の国難に殉じた英霊を祀るために創建された招魂社に始まります。1940年には内務省令により内務大臣指定護国神社となり沖縄県護国神社に改称しました。

1945年、沖縄戦により社殿を焼失しましたが、1959年に仮社殿が竣工されました。同年、靖国神社より沖縄戦に殉じた本土出身者の御霊代を奉移され、1965年に現在の社殿が竣工して今に至ります。