【安産祈願 高知県6選】下崎大神ほか有名神社や寺から厳選

長宗我部元親の菩提寺であった瑞應寺ですが、長宗我部家が滅亡して山内家が新国主となると、新しく菩提寺として眞如寺を設けます。瑞應寺は同じ宗派であったことから、不当な扱いを受けるようになり薫的和尚は藩当局や山内政権に訴えかけますが聞き入れられず、最終的には入獄させられ死に至りました。

その後、密に埋葬されますが、光善院の命によって瑞應寺境内(現在の薫的神社内の霊光塔)に改葬されました。

明治三年の廃仏毀釈によって瑞應寺は廃寺になりますが、学問の神、芸術、武術にも優れ苦難の生涯を経たことから、勝運の神様として広く信仰され、今日に至ります。

住所: 高知県高知市洞ヶ島町5-7
電話: 088-872-2651

下崎神社:南国市

スクリーンショット 2014-10-07 18.16.50

由来

「下崎(しもさき)神社」は高知県南国市にある神社で、安産祈願で有名です。

その昔、この辺りにあった下﨑寺に実直な住職がいました。ある時、領主が狩りにて猪を捕まえた後、従者に命じて寺の境内で調理をしようとしますが、住職がこれに立腹します。

すると、領主が住職の無礼に怒り、大桶に住職を閉じ込めてしまいます。すると、近隣に住んでいた若妻が、夜に住職を救助しました。これに深く感謝し、願い事を聞いたそうです。

彼女は、望みは無いが安産と子供の成長を願っていると述べたことから、それから住職は食を断って浄に入った(死に至った)そうです。

その後、現在地に祀られ、下﨑大神と称し、安産の守護神として広く崇拝を集めるようになったと伝わっています。

住所: 高知県南国市岡豊町小篭448
電話: <088-863-0909
下崎神社のリンクはこちら:下崎神社