【安産祈願 鳥取県4選】一宮神社(いちのみや)ほか有名神社や寺から厳選

元々、大山(別名 大神岳)の麓に鎮座しており、その後平安時代には修験道場として有名になりました。当時は、智明権現と称しており大山山頂の遥拝所として設けられたものと伝えられています。

因幡・鷲峰山の鷲岸大明神と対立していた時期もあり、度々戦も行われていました。後醍醐天皇ゆかりの神社でもあり、1333年に、隠岐を脱出した際に、当社にて鎌倉幕府打倒の祈願を行いました。

明治の初期になり、現在地に遷座され、今に至ります。現在でも霊験あらかたな神社として、多くの方が参拝に訪れます。

初穂料: 5,000円、10,000円から
住所: 鳥取県米子市尾高1025
電話: 0859-27-2345

賀茂神社天満宮:米子市

スクリーンショット 2014-10-09 13.51.07

由来

「賀茂神社天満宮(かもじんじゃてんまんぐう)」は鳥取県米子市にある天満宮で、米子鎮守の神として厚く信仰された米子(旧米子町)最古の社です。

創立の年代は不詳ですが、慶長三年の再建棟札があることから、それ以前に京都上賀茂を勧請して創建された事は明らかです。

神社周辺の発掘調査により、平安時代にすでに人家が周囲にあり、室町時代には大きな集落が形成されていたことが明らかとなりました。

そのことから、神社の創建もこの時代まで遡るのではないかと考えられています。米子最古の社と言われており、米子鎮守の神として代々の米子城主によって篤い崇拝を受けるとともに、米子の産土神として明治まで勝田神社と並び広く崇敬を受けてきました。