【出産リラックス法】出産時の痛みにどう耐えるの?

shutterstock_245431426
出産の時にリラックスする方法ですが、これはやはり出産時の痛みにどう耐えるか?がポイントとなってくると思います。

陣痛時は赤ちゃんを外へ送り出すために、子宮か収縮して、痛くなります。
赤ちゃんが産道を通りますので、腰もとても痛くなります。
ここで「痛くなる」と書き過ぎると、不安になってしまう読者がいると思いますが、本当のことなので書きます。ごめんなさい!

家族の見守りはやっぱり心強い

shutterstock_287064011 (1)
でも、この痛みに対して、ご主人や家族に腰をさすってもらったりすれば、痛みも和らぐのではないでしょうか?

例えば、旦那さんが出産に立ち会う場合、「大丈夫?」「がんばって!」と言われても、「何でわたしばっかり?!」と正直、ムカついたといった声もあります。

まあ、こういうこともありますが、家族の見守りは心強いと思います。

無痛分娩や和痛分娩も

shutterstock_232844677
痛みに対して不安な人には無痛分娩や和痛分娩もあります。

一番、いけないのは出産に対して、ネガティブになってしまうことだと思います。

しかし、出産時に痛くなることは、知っておいた方が後々いいのではないかと思うんです。