兆候が出ても慌てない為に!「切迫流産」を知ろう

例えば、頻繁に人の出入りが予想される自営業である、小さなお子さんがいる、要介護者が同居しているなど。思うように休めない状況下で、症状の悪化が懸念されるとそのようなことがあります。家にいると予想外のことで無理をしてしまい、益々症状が悪化することも考えられます。このような勧告には、積極的に応じることも考えなくてはなりません。

予め「備える」ことが大切です

知識が心の安定をコントロールし、大事に至らないケースも多々あります。妊娠中は、全てにおいて、「備える」のが安心です。
参照元:日本産科婦人科学会 流産・切迫流産,日本医科大学多摩永山病院