フードコーディネーターになるには何に注目すべきか。

企業には食べ物の広告が多いので、食材を綺麗に飾り付け、独自なアレンジを表現すると企業から注目されて仕事も増えます。

就職ももちろんですが、結婚出産後にも出来て、フリーランスとしてフードコーディネーターの仕事と、家庭を上手く両立させることも出来ます。

フードコーディネーターの資格は取得しておく方が安心

スクリーンショット 2014-11-01 22.02.04
フードコーディネーターは、特に資格はなくてもなれますが、取っておいた方が便利な資格や、通った方が良い専門学校はあります。

やはり、専門的な勉強をしておいた方が、やがて仕事をする上では経験も知識も役立ちます。

それは、調理の技術や食に関する知識は、独学よりも大勢の人が通い、指導歴もある専門学校の方が上達や学びの量が多いからです。

さらに、専門学校の間に先輩や現役のフードコーディネーターのアシスタントになることがあるからです。

このようなことから、調理師の専門学校や栄養学を学べる学校に通うことも視野に入れます。

大学や短大で単位取得出来て、食品メーカーに就職することで、フードコーディネーターになることが可能だからです。

フードコーディネーター資格認定試験