米国税理士(EA)になるにはどうしたらいいの?

3339259833_e776816edd_b
米国税理士になる魅力のひとつは、グローバルなフィールドで活躍できることがあげれられます。

日本ではまだ認知されていない資格ですが、キャリアアップや妊娠・出産を経て働き方を変えるかたが米国税理士をめざすケースも多いようです。

今回は米国税理士に、どのようになれるのか、なぜ注目されてるのについて解説していきます。

英語力と税務の知識を生かしたグローバルな資格なので注目!

米国税理士の試験は英語で実施されるので、こちらの資格を取得していたら、相当な英語力があると認識されます。

つまり、英語の資格ではありませんが、英語プラス税理士の資格を取得していることでアピール材料が増えるのです。

その為、グローバル社会になった今ではますます必要とされる資格です。

さらに仕事内容としては、米国では源泉徴収は会社ではしてくれないので、個人で申告することになっています。

この時の税務や確定申告を行う仕事なので、重要度が高いです。

海外進出をしている企業のニーズが高い

さて、日本国内でどのようにこの資格を使うのかと言うと、実は募集している会社はかなり多くなっています。

それも海外進出をしている企業が多いため、日本とは異なる米国の税務の専門家を社員として募集している会社も多く、大手企業の就職がほとんどです。