育児中でもライフスタイルに合わせて在宅勤務制度をうまく使うコツ

8137793315_63186f480c_k
育児休業や介護休業の他、いろいろな勤務形態を取り入れる職場が増えてきました。

在宅勤務制度を取り入れている職場もあります。

昔と違って、ネットがあれば、スカイプで会議をしたり、何でもできます。

難点としたら、家で仕事をすると、ダレてしまうことでしょうか?

上司がいるととても緊張感を持って仕事ができるので、職場は職場の良さがあるものです。

昼間は子供の相手で、仕事が溜まってしまって、夜に徹夜で仕事したりして、体調を崩してしまうこともあります。

給料も下がることもあります。

この在宅勤務におけるメリットや注意点について、説明します。

在宅勤務導入の目的とは?

毎朝の通勤電車で疲れ切っている人はいませんか?