建築士・建築家・建築デザイナーになるにはどうしたらいいの?

9413714143_94f269fd4a_b

住まいや生活に自分の満足したもの、作りたいものをつくるため建築士や建築デザイナーに憧れをもつ方も多いのではないでしょうか。

また、エコな暮らしを追求して、自宅の改修、住み替えや空き屋・空き室の活用などを対象に、環境性能や住宅の機能・価値を高めるエコリノベーションにも注目が集まっています。

長く働ける仕事に就きたいと願う女性が建築士をめざすケースも多いようです。

また、資格を活かしたキャリアアップや、妊娠・出産を経た働き方など注目されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな建築士になるにはどうしたらいいのか説明します。

建築士はデザインやイメージを空間にする仕事

お客さんの暮らしの空間の要望を出来るだけ形に近づけるのが建築士の仕事です。

デザインのアイディアを建築上の形にして行くので、お客さんのイメージを空間に造って行けます。

その為に、自分が設計した建築物が後年になっても残ることもあり、街の中心のメジャースポットになったり、多くの人の記憶に残る建造物になるのです。

自分が高齢になっても若い頃の作品が残っていることがあるのです。

これは、とてもやりがいがある仕事で、形になって残ることで、さらに他の人にも評価をしてもらえます。

大切な住まいの計画に加わることができる

また、一般家庭ではほとんどの人が一生に家を買うのは一度だけです。