【ママの起業】中小企業基盤整備機構を上手に利用しよう

166562085_87b325e67a_o
子育て中のママが起業にチャレンジする「ママ起業家」が増えています。

でも、初めての起業で経営課題など様々な悩みを抱えることも少なくありません。

そこで、経営課題の解決や経営資源の円滑な活用のための的確なアドバイスが得られる支援体制が整備されています。

今回は、「独立行政法人中小企業基盤整備機構」が提供する支援体制について紹介します。

中小企業基盤整備機構とは

独立行政法人中小企業基盤整備機構は、全国9カ所(北海道、東北、関東、中部、北陸、近畿、中国、四国、九州)に支部を設置されています。

中小企業の経営に知見をゆうする民間人材であるプロジェクトマネージャーが高度なコンサルティング等を行ってくれます。

内容は、中小企業等の経営課題、発展課題に応じて、資金面、技術面の支援、経営・財務・法務などです。

窓口相談事業

企業支援の経験豊富な専門家・アドバイザーが常駐して、経営・技術に関してきめ細やかな窓口相談を行っています。

その他にも、ベンチャー関連の各種のイベントに合わせて下記のような無料相談を行っています。